Logicky BLOG

Logickyの開発ブログです

  • Javascript
  • Python
  • PHP
  • Go
  • OS・サーバ
  • 機械学習
  • つくったもの
  • 数学
  • アルゴリズム
  • Logicky

Vagrant 共有ディレクトリにchownがきかない

参考:vagrant + slim framework + smartyをcomposerで構築

このときに私は面倒くさがってsudo chown apache:apache /vagrantを実行したんだけども、実行したのに/vagrantの所有者がvagrantからapacheに変わってくれなかった。 どうもCan I modify the ownership for a shared folder in vagrant? にもあるように、そもそも/vagrantはVagrantfileで管理してchownでは所有者を変更できないようにしてあるらしく、Vagrantfileを変更しなければいけないということだった。で、そのVagrantfileの編集が結構面倒くさそうだった。

Can I modify the ownership for a shared folder in vagrant?

vagrantでは変えられないのか。vagrantfileをいじれば変えられるらしい。 あらvagrantfileではないのかな。

$ find /Applications/Vagrant -name vm.rb
/Applications/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.4.3/plugins/kernel_v1/config/vm.rb
/Applications/Vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.4.3/plugins/kernel_v2/config/vm.rb

さすがにこんなとこ修正しないでしょ。コアなとこでしょ。 やっぱVagrantfileに書けるんじゃないかな。rubyわかってないとつらいな。今度勉強するかな。 ぬーわからん。

参考サイトみたいにやってみよう。 http.confのUserとGroupを修正。

User vagrant
Group vagrant
$ cd /etc/httpd/conf
$ sudo vim httpd.conf
$ sudo /etc/rc.d/init.d/httpd restart

とりあえず/vagrantにapacheが入れるようになった。

  • Javascript
  • Python
  • PHP
  • Go
  • OS・サーバ
  • 機械学習
  • つくったもの
  • 数学
  • アルゴリズム
  • Logicky