LOGICKY BLOG

PHP、Javascript、Python等のプログラミングに関するブログです

Flutterでアプリつくってみる

Flutterでアプリつくってみます。ボタン押したらこんにちはというアプリにしたいと思いまっす。

Flutterはこちらにあります。

flutter.dev

インストール

ワイはUbuntu18.04を使ってます。ここに書いてあるとおりにやってインストールしました。Android SDKも最新番にアップデートしました。flutter doctorがやることを教えてくれます。

$ flutter doctor

f:id:edo1z:20190812201543p:plain

flutter doctor --android-licenses を実行すると、色々聞かれるので全部yにすると、ライセンスに全部承認したことなります。あとは、android studioにflutterプラグインとdartプラグインを入れたら出来ました。

f:id:edo1z:20190812205709p:plain

アプリ新規作成

ここのとおりにやってみます。

$ flutter create hoge
$ cd hoge
$ flutter devices
$ flutter emulators
$ flutter emulators --launch Galaxy_Nexus_API_27 • Galaxy Nexus • Google • Galaxy Nexus API 27
$ flutter run

これでアプリ作成されて、エミュレータに表示されました。

f:id:edo1z:20190812212138p:plain

変更を加えて、ターミナル上で r を入力すると更新されました!自動更新ではないみたい。 Android Studio上でアプリを動かすと、hotreloadボタンが使えるようになるので、それに対するショートカットを設定するといいのかもしれん。vimプラグイン使ってるからか、ctrl + \ を押しても動かないから、後で別のやつ設定してみよう。

こんにちはアプリ

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MaterialApp(
      debugShowCheckedModeBanner: false,
      title: 'HOGE',
      theme: ThemeData(
        primaryColor: Colors.white,
      ),
      home: Hello(),
    ));

class Hello extends StatefulWidget {
  @override
  HelloState createState() => HelloState();
}

class HelloState extends State<Hello> {
  AlertDialog dialog = AlertDialog(
      content: Text(
    'こんにちは',
    style: TextStyle(fontSize: 20.0),
  ));

  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('HOGE'),
      ),
      body: Center(
          child: RaisedButton(
              child: Text('PRESS ME!', style: TextStyle(color: Colors.white)),
              color: Colors.blue,
              onPressed: () {
                showDialog(
                    context: context,
                    builder: (BuildContext context) => dialog);
              })),
    );
  }
}

f:id:edo1z:20190813002057g:plain