LOGICKY BLOG

プログラミングなどに関するブログです

OI(Open Interest)を取得・表示してみる

OIは市場参加者のポジションの量らしい。どこかで絶対ポジションを閉じる必要があるので、これが増える場合は、単純に市場参加者が増えているという場合もあるのかなと思いますが、つかまっちゃってる人が多いとか、まだまだ利確するには早いぜと思っている人が多いとか、そういう可能性を検知するために使えるらしい。いかにも下げそうなときにみんながショートして、OIが激増したけど、結果的に上がっていった場合、ショートはロングでポジションをクローズしないといけないので、OIが減らないまま上がり続けると、どこかでロスカット(清算)が続いて、爆上げしちゃうみたいな感じらしい。

ちなみに、ショートしたのに上がってる場合、どこかでロングしないといけないわけだから、ある意味ショーター達自身が下げづらくしているともいえる。次にショートしようとする人は、このOIを見ている場合、先輩方があほな場所で養分なショートをしたので、あほで養分な先輩方は、ちょっと下がったらみんな撤退ロングする可能性があるので、自分がここからショートしても、先輩方を起爆剤とした爆上げによって、自分も養分と化す可能性がある、と考えることは理にかなっているらしい。このようなことから、一旦上がってから養分な先輩方が全員清算したらショートを入れやすくなる(価格も上がるし、撤退ロングがなくなる)らしい。

OIの確認方法

  • OIはどの取引所でも確認が出来るわけではない。株の世界ではOI情報は基本ないらしい。仮想通貨でも例えばBitflyerはない。Bybitはあって、APIWebsocketで取得可能らしい。
  • 下記のようなサイトでも確認することが出来る。

Coinalyze.net

  • 下記のように、本家Trading Viewだとない(多分)OIや清算のインジケータを表示することが出来る。

Image from Gyazo

CryptoQuant

  • 超沢山色々な指標のチャートが提供されているサイト。
  • リアルタイムなデータ取得や、API経由での取得も可能だが、そのためには月1万円位の有料プランを購入する必要がある。

Image from Gyazo

BybitのBTCUSDとBTCUSDTとでOIのチャートが全然違う

  • 当たり前だろうという話かもですが、ワイはてっきり同じような形なんだろうなと思ってたので、全然違って驚いた。そもそもポジション総量が全く違うけど。
  • BTCUSDは大体価格の上下にポジ総量が連動している。BTCUSDTは同じ場所をいったりきたりしておる。しかもちょっとした値動きで急上昇したと思ったら、急下降したりしている。

Image from Gyazo

価格の動きはほぼ同じ感じだから、OI見るならBTCUSDみとけばいいのだろうか?やっぱ量が多い方見といた方がいい気がする。まあでもBTCUSDTで取引するなら、短期間の値動きにはめっちゃ関係したりするのかもしれない。

Image from Gyazo