Logicky BLOG

Logickyの開発ブログです

  • Javascript
  • Python
  • PHP
  • Go
  • OS・サーバ
  • 機械学習
  • つくったもの
  • 数学
  • アルゴリズム
  • Logicky

Go言語 - Atcoderするときのメモ

Go

Atcoderで標準入力から色々取得することのメモ 1行読む var n, a, b int fmt.Scan(&n) fmt.Scan(&a) fmt.Scan(&b) 下記のようにスペースを空けると、別々に登録される。半角スペースまでをScanするもよう。 20 1 4 2行読む 2行でもこれでできた func main() …

動画のフレームレートとGOP

aviutl.info ja.wikipedia.org m0kichiazuma416.blog.fc2.com nyanshiba.hatenablog.com mobilehackerz.jp フレームレートは、1秒間に何枚の画像を表示するかです。fps(frames per second)です。1秒間に60枚だと結構さくさく動くゲームになります。1秒間…

ubuntu18.04 画像のリサイズ

コマンドラインでリサイズ(mogrify) 画像のリサイズは、imagemagickを使うとコマンドラインで簡単にできます。 やり方は下記に書いてありました。コマンド名は、mogrifyです。 askubuntu.com 下記のように使います。これで半分のサイズになります。 mogrif…

vue-cli + firebase + functions + hostingでgoogle recaptcha v3を使う

recaptchaのような動作可能なURLが限定される場合、functionsのURLは変な長いやつになりますので、どうしたらいいのかというのと、動作確認方法はどうしたらいいのかなと思いました。 hostingを使っている前提であれば非常に簡単で、下記に書いていますが、h…

firebase functions + Hosting + vue のメモ

前も下記にメモりましたが、やるたびに忘れるのでメモります。 blog.logicky.com Hosting, Functions $ firebase init 下記でプロジェクトを切り替えられます。切り替えられるプロジェクトは.firebasercに書いてあります。firebase use --add的なもので追加…

JMeterでHLSの負荷テストをする

Ubuntu18.04にJMeterをインストール jmeter.apache.org 5.1.1が最新のようです。 www.linuxhelp.com $ wget http://www.gtlib.gatech.edu/pub/apache/jmeter/binaries/apache-jmeter-5.1.1.tgz $ tar xf apache-jmeter-5.1.1.tgz $ cd apache-jmeter-5.1.1/b…

超簡単にエックスサーバでストリーミング配信する

エックスサーバでストリーミング配信しているサービスを見つけました。一番ランクの低いエックスサーバのみでストリーミング配信ができるということで、HLSを使っていて、webサーバはhttpd.confの編集レベルで動くようになってるのかなと思い、やってみまし…

FFmpegの使い方(mp4からgifつくったりhlsをつくったりする)

https://www.ffmpeg.org/ version $ ffmpeg -v ffmpeg version 3.4.4-0ubuntu0.18.04.1 Copyright (c) 2000-2018 the FFmpeg developers built with gcc 7 (Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3) mp4からgifにするとき qiita.com $ ffmpeg -i hoge.mp4 output.gif $ ffmp…

Ubuntu18.04でQuasar+Cordova+Androidを動かす

$ quasar dev -m cordova -T android ... Could not find an installed version of Gradle either in Android Studio, or on your system to install the gradle wrapper. Please include gradle in your path, or install Android Studio ... Android Studi…

BTCFXの約定データで強化学習してみる (5)

強化学習全然うまくいかなくて凹んでたんですが、下記のグラフはなんかちょっと学習してる感あるなあと思いました。2月13日のデータを相変わらず学習に使っていますが、20万エポックやると最初とは明らかにrewardの大きさが変わったので、これはまさか…

ubuntu18.04のキー配置を変える

xmodmapで変更 この記事を見ながらやってみます。 www.komee.org やりたいのは、右下のバックスラッシュをアンダースコアに変えたいです。 あと、スペースの左の無変換をエスケープにしたいです。 xevでキーコード確認 $ xev xevでキーコードを調べました。 …

tensorflow-gpuが遅いのは何故でしょうか?

cpuだと17秒のものが、gpuだと36秒かかります。gpuは速いのではなかったのでしょうか?原因は色々推測できますが、コードの書き方が悪いか、環境が悪いかをとりあえず切り分けたいと思います。切り分け方は、先人の実験&報告と全く同じコードを使って実験し…

TensorflowでGPUが使えてるか確認する

環境 ubuntu18.04 python3.6 tensorflow 1.13.1 tensorflow-gpu 1.13.1 GPU $ lspci | grep -i nvidia 01:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GM204 [GeForce GTX 970] (rev a1) 01:00.1 Audio device: NVIDIA Corporation GM204 High Defi…

vim-plugに変えた

Vim

github.com 非常にシンプルで使いやすいなあと思いました。 私の.vimrcはこうなってます。よく分からないけどとりあえず入れてる設定も結構あります。 github.com

NVIDIAのログイン関係がわかりづらい

非常に分かりづらくないでしょうか?googleログインしてもメールとパスワード入力画面に移動して、ユーザ名が重複してる場合は「必須です入力してください」という変な日本語になってますし、googleログインを諦めて通常ログインにしてやっとできたと思った…

BTCFXの約定データで強化学習してみる (4)

google マシーンラーニングを使ってみたいと思います。お金はかかりますが、速いし、ハイパーパラメータのいいやつを探してくれるということなので、よさそうだと思っております。強化学習については、下記記事に色々書いてあります。 cloudplatform-jp.goog…

BTCFXの約定データで強化学習してみる (3)

前回、前々回と全然ダメでしたので、先人の知恵を探しておりました。基本的に下記のアリさんの過去のつぶやきを沢山拝見しました。ありがとうございますm(. .)m またアリさんがつぶやかれていた下記論文に関しても一応ぼんやりと眺めました。 sigfinいくつか…

BTCFXの約定データで強化学習してみる (2)

下記で、Open AI Gymを使って、BTCFXの約定データをもとに強化学習するコードを一応作成しましたが、結果はボロボロでした。 blog.logicky.com 前回のコードは、テスト不十分だったので、とりあえず、実際に想定どおりに注文・約定・利確・損切等が行われる…

BTCFXの約定データで強化学習してみる

BTCFXの1日分の約定データ(1分足データ)をもとに、取引方法を学習させてみたいと思います。Open AI GymのEnvというのを自作することで、学習環境を自作することができます。 Open AI Gymが用意してくれているEnvは、env = gym.make('CartPole-v0')といっ…

Bitflyer FX バックテストしてみる

下記に書いた1秒足作るコードで作った1秒足データを元に、バックテストを実施するコードを作成してみました。 blog.logicky.com ただ、Firestoreを使うのをやめようと思ってるので、Firestoreデータをcloud storageにエクスポートして、bigQueryにインポー…

Bitflyer FXの約定データを取得して1秒足データを作ってFirestoreに保存する

データ取得 下記のようなnode.jsコードを作って取り込みました。非常に適当に作っております。firestoreに入れています。firestoreにbatch()というのを使って一括で保存しているのですが、3分くらい経つとこれの途中でとまります。なので、2分したら強制的…

ビットコインFX裁量支援・自動売買ツール LOGIFXを作りました

Bitflyer FXに対応した裁量支援・自動売買ツールを作りました! Windows / Mac / Linuxで動作します。 販売サイト 製品紹介・販売サイトは下記です。 7日間無料キャンペーン中ですので、よかったら使ってみてください! https://fx.logicky.com 概要・特徴 …

webpackでfirebaseの開発環境・本番環境を切り替える

webpack.DefinePluginというのを使うと、定数を環境に応じて定義することができるので、これを使ってfirebaseのプロジェクト情報を切り替えます。 const webpack = require('webpack'); module.exports = (env, argv) => { let plugins = [ ... ]; let fireb…

webpack4でconsole.log削除する

chaika.hatenablog.com なんか、下記の方がトレンディーらしい。。 github.com 上のサイトのとおりやってもエラーになったけど、下記に書いてあった。terser 3.16のバグらしい。。 github.com

BitfinexとBitmexの板と約定履歴をwebsocketで取得する

node.jsを使ってます。 Bitfinex const ws = require('ws') const w = new ws('wss://api.bitfinex.com/ws/2') w.on('message', msg => console.log(msg)) let msg = JSON.stringify({ event: 'subscribe', channel: 'trades', symbol: 'tBTCUSD' }) w.on('o…

vue + stripe-elementのコンポーネントを自作した

vue-stripe-elementsを使っていて困ったこと 最初下記を使っていて、すごく使いやすかったのですが、複数ヶ所でstripe-elementを表示させようとするとエラーになってうまくできませんでした。 github.com vue-stripe-elementsのissue 同じようなことで困って…

Stripeのサブスクリプション

課金の有効性チェック Stripeでサブスクリプション使うときに、支払いが有効で、現在サービス利用可能かというのを判断するときのやり方が書いてあった。 stripe.com 最初の支払いが成功したら、current_period_endに、有効期日を保存。月額課金だったら、課…

Vue.js + Firebase + Stripeで開発しているときに調べたことのメモ

CloudFunctions async/await使う時は、下記のようにnode:8をpackage.jsonに設定する必要ある。 { "name": "functions", "description": "Cloud Functions for Firebase", "engines": {"node": "8"}, 上記を設定すると、そのままだとyarnが使えなかった。ココ…

node + webpackでregeneratorRuntimeが無いいわれるで

async, await使ってたら下記エラーがでたで Uncaught ReferenceError: regeneratorRuntime is not defined 下記に書いてあるとおりにやってみたら、エラーがでなくなったで dev.to 下記をインストールして、 $ yarn add -D babel-plugin-transform-runtime .…

既存のvueアプリに適用しやすいcssフレームワークはなんですか?

Quasarを使おうと思ってたのですが、quasar-cliも、vue-cliも使えない状況で、使おうと思ったら、やり方が書いてなかった。下記によるとデフォルトのquasarに既存vueを統合してよみたいな感じに書いてあるので、Quasarは今回はやめることにした。 https://fo…

  • Javascript
  • Python
  • PHP
  • Go
  • OS・サーバ
  • 機械学習
  • つくったもの
  • 数学
  • アルゴリズム
  • Logicky